高額療養費
自己負担が高額になったときは所得に応じた一定額を超えた額を支給


特殊な病気にかかったり、長期間入院したときなど、自己負担が高額になった場合の負担を軽くするために、自己負担が1ヵ月に所得に応じた一定額を超えた場合には、その超えた分が後から「高額療養費」として支給されます。
高額療養費は、次の2つの申請方法があります。

「限度額適用認定証」を病院の窓口に提示
病院の窓口で自己負担額を支払い、後日申請により払戻しを受ける。



※低所得者とは、市(区)町村民税の非課税者、免税者および低所得者の限度額による高額療養費の支給があれば生活保護法の要保護者。

●高額療養費の現物給付
高額な医療費がかかる場合、事前に健保組合に申請し「限度額適用認定証」を受けておくと、病院の窓口での支払い額が高額療養費の自己負担限度額までで済むようになります。

※柔道整復、鍼灸、あん摩マッサージでは利用できません。
※70歳以上で、現役並み所得(年収約1,160万円以上)のある方、一般の方の「限度額適用認定証」の申請は必要ありません。

●「限度額適用認定証」に表示の所得区分と自己負担限度額
所得区分 自己負担限度額
(月単位の上限額)
252,600円+(総医療費―842,000円)×1%
167,400円+(総医療費―558,000円)×1%
80,100円+(総医療費―267,000円)×1%
57,600円
35,400円

限度額適用認定証

高額療養費
※病院の窓口で自己負担額(3割または2割)を支払った場合
「高額療養費支給申請書」に領収書のコピーを添付して提出。

高額医療費資金貸付制度についてはこちら

関連項目はこちら

前のページに戻る   このページのトップへ

Copyright © since 2005 名古屋薬業健康保険組合 All Right Reserved.