(家族)出産育児一時金
出産したときは、費用の補助として支給


本人(女性被保険者)または家族(被扶養者)が妊娠4ヵ月(85日)以上で出産したときには、「(家族)出産育児一時金」が支給されます。これは生産・死産にかかわらず、出産費用の補助という形で支給されるものです。なお、双児の場合は2人分になります。



※産科医療補償制度に加入していない医療機関等で出産したときまたは在胎週数第22週未満で出産したときは1児につき404,000円となります。
産科医療補償制度については公益財団法人日本医療機能評価機構「産科医療補償制度」ホームページをご覧ください。


出産育児一時金
1. 直接支払制度を利用された方で、
出産にかかった費用が420,000円または404,000円を下回った場合
  「出産育児一時金等内払金支払依頼書」に、
@医療機関等から交付される合意文書(写)
A出産費用の領収・明細書(写)
を添付。
※差額請求の必要な方につきましては、健保組合からお知らせします。
2. 直接支払制度を利用しない場合
  「出産育児一時金支給申請書」に、医師、助産師または市区町村長に出産したことの証明を受け
@医療機関等から交付される合意文書(写)
A出産費用の領収・明細書(写)
を添付。
3. 受取代理制度を利用する場合
  「出産育児一時金等支給申請書(受取代理用)」に、医療機関等で記名・押印を受け、提出。
※ 直接支払制度を利用された方で、出産にかかった費用が420,000円または
  404,000円を上回った場合、手続きは必要ありません。



関連項目はこちら

前のページに戻る   このページのトップへ

Copyright © since 2005 名古屋薬業健康保険組合 All Right Reserved.