(家族)埋葬料・埋葬費
亡くなったときは5万円を支給


本人(被保険者)が死亡したときは、本人に扶養されていた遺族に、「埋葬料」と当組合独自の「埋葬料付加金」が支給されます。また、遺族がいない場合には、実際に埋葬を行った人に、埋葬料の範囲内で実費が「埋葬費」として支給されます。
一方、家族(被扶養者)が死亡したときは、「家族埋葬料」と当組合独自の「家族埋葬料付加金」が支給されます。


埋葬料
「埋葬料(費)請求書」に、死亡したことを証明する書類(死亡診断書または埋〈火〉葬許可書)を添付(事業主が証明する場合は添付不要)して提出。なお、埋葬費の請求の場合は、死亡証明のほかに埋葬にかかった費用の領収書と明細書を添付。

※被扶養者になっていない方が請求する場合は、別途添付書類が必要。

家族埋葬料
「埋葬料請求書」に、死亡したことを証明する書類を添付して提出。

関連項目はこちら

前のページに戻る   このページのトップへ

Copyright © since 2005 名古屋薬業健康保険組合 All Right Reserved.