医療保険制度のあらまし
誰もが何らかの医療保険制度に加入します


わが国は、すべての国民が次の医療保険に加入する「国民皆保険」の制度になっています。
具体的には、職域保険と地域保険の2つに大きく分けられ、労働の形態、職種、職域等によって、いずれかの制度に加入します。その中の「健康保険組合」という制度に、私たちは加入しています。

医療保険

すべての国民が労働の形態、職種、職域等によって、いずれかの制度に加入
職域保険
被用者保険

事業所で
働く人が加入
健康保険組合
大企業や同種同業の企業が
集まって設立した組織
全国健康保険協会
上記以外の企業で働く人が加入
船員保険
船員が加入
国家公務員共済組合
国家公務員が加入
地方公務員等共済組合
地方公務員が加入
日本私立学校振興・共済事業団
(私学共済)

私立学校の教職員が加入
自営業者
保険
国民健康保険組合
医者や土木建築業者等の同業者
で組織
地域保険
地域住民が
加入
国民健康保険(市区町村)
自営業者等が加入
後期高齢者
医療制度
広域連合(都道府県)
75歳以上(65歳以上の障害認定者
を含む)が加入

関連項目はこちら

前のページに戻る   このページのトップへ

Copyright © since 2005 名古屋薬業健康保険組合 All Right Reserved.