保険証
身分証明書兼医療のクレジットカード


健康保険に加入し被保険者になると、その身分証明書として「健康保険被保険者証(保険証)」(カード)が家族分も含めて1人1枚ずつ交付されます。
医師(保険医療機関)にかかるとき、保険証を窓口に提出すれば、一部負担で必要な医療が受けられます。
なお、70〜74歳の方は 「高齢受給者証を保険証と一緒に提出します。



関連項目はこちら

前のページに戻る   このページのトップへ

Copyright © since 2005 名古屋薬業健康保険組合 All Right Reserved.