病気の予防
●インフルエンザ予防接種

季節性インフルエンザを予防しよう くわしくはこちら

対象者 被保険者(本人)・被扶養者(家族)
実施期間 原則として10月から翌年1月とします。
実施区分

次の(1)〜(4)により実施します。
(1) 愛知県医師会の実施医療機関(接種補助券対応)
  
(2) 当組合の指定機関(委託機関)
  
  
(3) 事業所巡回実施(名古屋セントラルクリニック実施分)
(4) 補助実施分
※(1)〜(3)で実施できない場合は補助実施分となります。
  なお、愛知県内で実施される場合は原則として補助金対応をいたしませんので、予めご了承ください。
 但し、65歳以上の方(昭和29年4月1日以前に生まれた方)など、「接種補助券」が発行されていない場合は除きます。
実施方法

(1) 愛知県医師会の実施医療機関(接種補助券対応)
@ 予防接種実施医療機関
  愛知県医師会の会員で予防接種の対応ができる愛知県内の医療機関(以下「対応医療機関」という。)とします。
A

接種補助券の作成(発行)及び配付方法
愛知県医師会の対応医療機関で接種を希望される場合は、所定の「接種補助券」が必要となります。
なお、この「接種補助券」は次の(ア)(イ)の方を対象に作成いたします。(※当年度中に65歳以上になる方は除きます。)
(ア)初回作成(発行)分
平成30年8月24日現在の基本情報をもとに、被保険者並びに被扶養者の方(当年度中に※65歳以上になる方を除く)を対象に作成し、世帯毎に封入のうえ、平成30年9月18日(火)に当組合より事業所あてに送付する予定をしておりますので、ご担当者様より配付くださいますようお願いいたします。
(※昭和29年4月1日以前生まれの方)
(イ)追加作成(発行)分
(ア)以降に新規取得(認定)された方(再雇用等による記号番号の変更や任意継続被保険者になった場合を除く)を対象に平成30年9月28日現在の基本情報をもとに(ア)同様に追加作成し、平成30年10月17日(水)に当組合より事業所あてに送付する予定をしております。 
※なお、「接種補助券」は当該年度に発行したものに限り使用できます。
  また、紛失などによる再発行はいたしませんのであらかじめご了承ください。

B 利用方法
  各自で対応医療機関に予約を取っていただき、接種当日は「接種補助券」と「健康保険証」を必ず受付窓口に提出して接種を受けてください。
  なお、「接種補助券」の使用は接種方法(1回法・2回法)を問わず1人1回(1枚)とします。
(2) 当組合の指定機関(委託機関)
@ 申込方法
  当組合の指定機関 で接種を希望される場合は、料金表を参考に所定の申込書(様式第1号の1)に連名簿(様式第2号の1)を添えて必要事項をご記入のうえ、ご希望の指定機関に直接お申込みください
  なお、料金等については変更となる場合もあり、変更時にはホームページ等でご案内いたします。
  また、出張実施を希望される場合は、指定機関により実施条件が異なりますので、あらかじめご相談のうえ実施してください。
※接種に伴う出張料は受益者の負担とします。
※所定の申込書等により申込されない場合、補助金の対象とならない場合もありますので予めご了承ください。
(3) 巡回実施分
  事業所を巡回し実施します。
  なお、接種方法は原則1回法となりますので基礎疾患のある方は原則対象といたしません。
@実施機関
名古屋セントラルクリニック
A実施条件
(ア) 実施地域
  原則として愛知県内の事業所とします。
※ただし、愛知県近郊の事業所でも、実施できる場合もありますので当組合までご相談ください。
(イ) 最低人員
  原則として、1事業所(1ヵ所)20名以上とします。
B 接種料金
 一人あたりの受益者負担額は2,000円となります。
 ※接種に伴う出張料は発生しません。
C 申込方法
  事業所で巡回実施を希望される場合は、所定の申込書(様式第1号の12)に連名簿(様式第2号の3)を添えて、必要事項をご記入のうえ、9月28日(金)までに当組合までお申込みください。
D 実施日程の決定
  日時については、「名古屋セントラルクリニック」より直接、事業所ご担当者様へ通知されます。

また、「当健保会館」においても下記の日程により実施します。
(T) 実施日時
  実施日   平成30年10月25日(木)
  実施時間  16:30〜19:00(予定)
         18:45(受付終了予定)
(U) 実施場所
  名古屋薬業健保会館
  名古屋市中区丸の内3−1−35
  TEL 052(211)2294
(V) 申込方法
  所定の申込書(様式第1号の12)に連名簿(様式第2号の3)を添えて、必要事項をご記入のうえ、9月28日(金)までに当組合までお申込みください。
※所定の申込書等により申込されない場合、補助金の対象とならない場合もありますので予めご了承ください。
(4) 補助実施分
  事業所毎に取りまとめ接種可能な医療機関等で適宜実施してください。
接種費用の
補助限度額
次の(1)〜(4)のいずれの場合も接種方法を問わず1人あたり1,500円を限度に補助します。
(1) 愛知県医師会の実施医療機関(接種補助券対応)
(2) 当組合の指定機関(委託機関)実施分
(3) 事業所巡回実施分
(4) 補助実施分
接種費用の
請求方法と
受領方法
(補助実施分)
疾病予防補助金請求書(様式第4号の1)に被扶養者実施分も含め、事業所で取りまとめていただき、次の書類を添えて請求してください。
(1) インフルエンザ予防接種実施者連名簿(様式第5号の1)
(2) 費用を支払った領収書(写しでも可)
  原則としてレシート等内容が不明確な場合は不可としますが、インフルエンザ予防接種済証など内容が明確に分かるものが添付されている場合は対応可といたします。
  また、2回法で接種される場合、1回目の費用が補助限度額以上の場合は1回目の領収書のみをご提出ください。
  なお、領収書の右上に接種された方の保険証の記号・番号をご記入くださいますようご協力をお願いいたします。

(3) 費用内訳書((2)の明細を記入してあるもの)
※補助金は原則として指定口座への振込受領をお勧めしております。
  なお、「振込」以外の方法で受領された場合は、領収書(様式第8号の1)を提出してください。
  振込指定口座のお届がまだお済みでない場合は所定の指定届(様式総第2号の1)をご提出ください。
請求期限 平成31年2月28日(木)までとしますが、実施後は速やかに請求してください。
その他
(1) インフルエンザ予防で最も大切なのは日頃の健康管理として防衛体力の保持・増進(@規則正しいバランスよい食事・A適度な運動・B十分な睡眠)をはじめ「手洗い・うがい」の励行や「マスクの着用・咳エチケット」などにより、感染の防止や拡大を防ぐことです。これらを行なったうえで予防接種を行なうことが効果的な方法といえます。
  なお、ワクチンの効果は一般的に70〜80%程度(就学前の小児では20〜30%程度)といわれており、ワクチンを接種してもインフルエンザに罹患しないとはいえません。
(2) インフルエンザ予防接種の実施方法には1回法と2回法がありますが、通常小学生以下では1〜4週間の間隔をおいての2回法、中学生以上では1回法または2回法とされています。ワクチンが十分な効果を維持する期間は接種後2週間後から約5ヵ月とされていますので、10月下旬から12月中旬頃の接種をおすすめします。
(3) インフルエンザワクチンの接種により接種した部位(局部)の発赤、腫脹、発熱や全身性の反応として発熱、頭痛、悪寒、倦怠感などの副作用が見られる場合がありますが一般的には2〜3日で消失します。
(4) 医療機関により休診日や診療時間が異なりますのであらかじめご確認のうえ予約してください。
(5) 各種申込書や補助金の請求などに関する書類は、 です。


国立感染症研究所
感染症情報センターホームページへ


関連項目はこちら

前のページに戻る   このページのトップへ

Copyright © since 2005 名古屋薬業健康保険組合 All Right Reserved.